Profile

私は、茶畑と山林と狭い空が視界の全てという山あいの小さな村で育ちました。私は、その高い尾根を眺めつつ、夢と想像とを掻き立てながらの子供時代を過ごしました。亡母は、詩を書くことが好きな人でした。広告の裏紙に書かれた母の詩が、押入れの襖に飾られていたのを覚えています。そんな母の影響もあり、私にとって詩を書くことは、お絵描き帳に描く絵と同じようなものでした。山々の頂きさえも軽々と飛び越えて行けるような自由な世界。 

 

詩は大人になってからも、スナップ写真を撮る時のような気軽さで、日常の風景を焼き付けていましたが、まるで素人写真のその拙い詩に、目を留めて下さり童謡詩の世界へとお導き下さったのは、童謡詩人の井上灯美子さんです。 

 

娘を育てながら書き残した育児日記を振り返りながら、誰かの心に寄り添えるような「童謡詩」と、私を育んでくれた天竜川流域の豊かな風景をベースにした「ふるさとの詩(うた)」を作詩しています。

 

作詩家 & シンガー

ふるさとの詩(うた)と、あなたの心に寄り添う童謡詩を中心に作詩しています

 昭和44年生まれ(1969)

静岡県浜松市在住

大垣女子短期大学音楽科声楽コース卒

本名 埋田 千聡(うめた ちあき)

 ※

平成23年(2011)
第六回 全国ゆずり葉音楽祭

(熊本県八代市)

作詩作曲の部入賞

 作品名「風の記憶」 

平成24年(2012)

 第17回「はがき歌」全国コンテスト

(愛媛県松山市)

一般部門 佳作

平成26年(2014)

童謡詩ぴちぽちの会 入会

童謡詩作詩活動開始

平成27年(2015)

(一社)日本童謡協会 入会

平成28年(2016)

(一社)日本童謡協会 第39回童謡祭

「天使のきおく」発表

平成29年(2017)

(一社)日本童謡協会 第40回童謡祭

「ママの手の中に」発表

平成29年(2017)

多摩童謡友の会主催

「あなたも童謡詩人」

優秀童謡詩人賞

平成29年(2017)

福島県猪苗代町

第16回「母から子への手紙コンテスト」

佳作入賞

平成29年(2017)

音楽活動開始

ことだまおとだま

平成30年(2018)

インターネットラジオ「癒しの香ギャラリー」

「私のつくった癒しの音楽」コーナーで楽曲紹介

シーグラス

平成30年(2018)

第23回「はがき歌」全国コンテスト

(愛媛県松山市)

一般部門 佳作

平成30年(2018)

第22回こどものコーラス展

(童謡誕生100年記念プレコンサート)

校庭のクスノキ」発表

平成30年(2018)

- うた絵巻 -「壬生(みぶ)の里うた」発表

- うた絵巻 - 「浜海のうた」発表

- うた絵巻 -「めだか100回記念うた」発表

- うた絵巻 -「すまいる日和のうた」発表

- うた絵巻 -「いきものを育む アカマツの森のうた」発表

- うた絵巻 -「鍛冶島のうた」発表

平成30年(2018)

(一社)日本童謡協会 第41回童謡祭

パパ・ママ タンゴ」発表

平成30年(2018)

第34回 三木露風賞新しい童謡コンクール

(兵庫県たつの市)

「お母さん」佳作

平成31年(2019)

- うた絵巻 -「大久保のうた」発表

- うた絵巻 -「掛塚のうた」発表

- うた絵巻 -「福長飛行機ものがたり」発表

- ふるさと賛歌 -「花のまち♪ふるさと岩田」発表

- ふるさと賛歌 -「半夏生」発表

現在(2020)

 JASRAC 準会員

 一般社団法人日本童謡協会 詩会員

童謡誌「ぴちぽちの会」会員

和の奏「うたら」主宰


南信州新聞1面コラム「日言」2018-4-19


静岡新聞 2018-11-4

朝日新聞 2018-11-14